安い無線LANの安全性について

インターネットは、水道や下水道やガスや電気などと同様に現代社会になくてはならないインフラとなっています。

かつてはパソコンによるインターネット接続と利用が主流でしたが、携帯電話会社による高速通信網の整備と高性能で安い価格のモバイルデバイスの販売によって、一人に一台のように普及が進み接続できるようになりました。屋外では携帯電話通信網やWiFiスポットと呼ばれる公衆無線LANでネットに接続し、家庭では自宅に引き込んだ光ファイバーによるブロードバンドルーター経由の無線LANで接続するケースが多いです。

無線LAN機器は家庭への普及が進んでいるため、メーカーや家電販売店としてはさらに買い替えを促進しようとして安い製品を売りに出すこともあります。こうした安い価格の製品は、消耗品に近い存在になりつつある無線LAN機器の買い替え対象として有力に見えますが、採用している規格や仕様を確認した上で購入に踏み切ることが賢明です。動画の配信や音楽のストリーミングは愛好者が増えたため、家庭でも同時に複数のデバイスで見る例が多くなっています。

画質も高精細化が進んでいるためファイルサイズが巨大になっていて、旧規格の伝送方法であるIEEE802規格の11bでは安定した視聴ができません。集合住宅などで周辺に他の家庭の無線機器があると、混信によって通信に影響が出るばかりでなく、通信の脆弱性を突いた傍受がなされる恐れがあります。2.4GHzの周波数帯域の無線や、暗号化としてWEPを採用している機種では、混信や傍受が簡単に起こります。機器の買い替えの際に、安いことを売りとした製品を購入する前にはこれらの旧規格だけを搭載していないかの確認が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *