おすすめの無線LAN機器について

低価格化によってパソコンは、オフィスだけでなく家庭でも一家に一台の普及となっていましたが、近年のスマートホンの普及によりパソコンよりはむしろスマホでネット接続や各種の商取引を行う人が増えました。

これには、携帯電話会社の高速通信網の整備や、通信会社の光ファイバー網の整備、スマートホン製造会社の技術開発によるおすすめ機器の販売などの賜物であると言えます。携帯電話会社と契約を締結している人でも、屋内では公衆無線LANで、自宅では光ファイバーによるブロードバンドルーター経由の無線LANでネットに接続する例が多いです。ウェブ上の動画ファイルは年々高精細化が進み、そのサイズは巨大化しています。

こうした大容量のファイルの送受信のためには、ブロードバンドルーター以降の機器の性能に注目する必要があります。無線LAN機器にはさまざまな規格があり、各メーカーともそれらに準拠したおすすめ機種をアピールしています。大型ファイルを高速で安定してやり取りできるようにするためには、伝送方式と周波数と暗号方法の選択が避けられません。

おすすめな仕様は、伝送方式としてIEEE802規格の11nまたは11acで、5GHz帯域の周波数の利用ができ、WPAやWPA2などの暗号化です。これらの規格の製品を導入することで、集合住宅や大型の建物であっても、大容量ファイルを高速で安定して傍受されずに取り扱うことが可能になります。機器の価格は、メーカーの競争が激しい分野であるので比較的新しい製品であっても手ごろな価格で購入できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *